仲良し

お母様を誘ってワークショップ🎶 そんな関係に憧れます(^-^)

「母と一緒に行きますのでワークショップのリクエスト開催をお願いします」

とのご連絡を頂きました。

 

ご本人様が気になっているのが「シュガーポットキャンドル」
お母様が気になっているのが「精麻キャンドル」

ん〜どちらを作るのか・・・。
かなり迷われた(・・・?)
かどうかわかりませんが結論は、

両方作ってしまおう〜

 

ということでいつものワークショップの時間帯に2つを一気に作られていかれました。

なので、開始前の机の上は材料で一杯🎶

 

 

そんな変則的なワークショップもリクエストならでは😊

これからはこういう型にはまらないワークショップをやっていきたいな〜と
気付きを頂きました。(ありがとうございます^^)


さて、ワークショップの方ですが、
これがお二人とも大真剣!!

お二人ともメモを取りながら
真剣に私の話に耳を傾けてくださいました。
今までにご参加いただいた方がそうではないということではないのですが、
多分お二人でメモを取りながら受けてくださったのは
多分記憶が間違えていなければ初めてなんです。

「へ〜そうなの〜」

「なるほど〜」

「考えてもみなかったわ〜」

「確かに〜」

などなど、

まっすぐに私の話を聞いてくださるその姿が
とっても可愛らしかった😊

そしてとても嬉しかったです。
ありがとうございます。

キャンドルについて新しい視点をお持ちいただけければ幸いです ♡

 


 

最初に作ったのが精麻キャンドル

色は白と黒がありますよ〜の話しに、
お二人でどの色を作るのか相談
一色ずつつくるのか、
同じでも良いのか、
2色が良いのか、
2色も上下を変えるのか変えないのか。。。

もう何を話ししても仲が良い!

私は密かにそんなお二人に 😍

いつか私も・・・
は無理ですが
素敵な親子の関係に私が癒されていました。

一緒にワックスを溶かし

 

麻の炭とお香をそれぞれ入れて

 

半分ずつ瓶に流し入れる

仲良くお揃いの精麻キャンドルが出来上がりました。

 

あいにくの天気でしたが
それでもお香を入れたワックスは黄金色に輝いていました✨✨✨

いつ見ても神々しいです♡

終始とても仲良しのお二人
何より微笑ましく、
そして羨ましくご一緒させていただきました。

 

ご参加ありがとうございました。m(_ _)m


バリに一緒に行きませんか?

キャンドルの魅力の一つに”色”があります。
私にとって色は生きていることを実感する重要要素です。
当然目で見ているこの世に色が当然のようにありますし、
色がない世界というのは考えたくないですし。

そして、感動するとき、悲しみも、怒りも、喜びも、、、
いずれにもその時の感情を現す色のイメージが付いています。

色が伴うことで感情を増幅し、
色が伴うことで感情を共有でき、
色が伴うことで感情を癒すことができる。。。
そんな風に感じています。

そんな”色”
街そのもの、しまそのものが色で溢れているところに身を投じてみたい。
と時々無性に感じる時があります。
全身を力強い色に包ませて体をクリアーにしたい!
そんな気分😆

そこで4月27日〜30日までバリ島ツアーを企画しました。🎶
ライステラス
神々の島と言われるバリ島は、
バリ・ヒンドゥーと言われる仏教が融合したバリ独特のもの。
バリ島人口のおよそ90%の人々が信仰しており、
毎日どこかしらでお祭りや宗教行事を見かけることができる神秘的な島の情景は世界中の人々を惹きつけてやみません。

ゴアガシャ

パワースポットといわれる寺院はもちろんのこと、
山から海までエリア毎に変わる表情や日本人の味覚に合う料理の数々など見ても食べても豊かな島を満喫できます。

バリ島

カラフルな花
残席1名様です。
一緒にバリ島に行きませんか?

キャンドルディナーも検討中です!

詳細はこちらからご覧くださいね。
http://happy-meisou.jp/bali2018/

夕日


秋谷ハレノア 〜Hina祭りオープン3ディ〜

3月2日と3月3日はKazue Hondaさん主催の
「秋谷ハレノア 〜Hina祭りオープン3ディ〜」
http://halenoah.com/post-110/
に参加させていただきました。

このイベントでのキャンドルはオラクルキャンドル
別名ねじねじキャンドルと親しみを込めて呼んでいただいています。

このオラクルキャンドルは、
色を付け小さなダイス状にしているキャンドルを自由に選んで
いただいて手で捏ねて作っていただくキャンドルです。

手作りキャンドルですよ👋

その時々の感情が選ぶ色に現れ、形に現れてきます。

この日に用意した色は13色
このなかから1色でも、2色でも、もちろん13色でも構いません。
直感で手が伸びる色を選んで行っていただきます。

大人ってどうしても頭で考えてしまうんですよね。
色を多く入れたら濁って汚くなるんじゃないかって。。。
でも、多色だからこそステンドグラスのようだったり
万華鏡のようだったりといった美しさが現れてきます。


ね、ほら美しい😃

 グラデーションで選んでも安心の美しさが現れてきます。

形も色々
可愛らしい丸いサイズだったり、

小さいキャンドル

鳥の形にしたり、

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

手作りキャンドルの炎はいかがでしょうか?
最後に火を灯して初めてキャンドルの完成です。
ぜひ火をともして写真も送ってくださいね^^